ビジネスフォン・IP電話

コスト削減の第一歩として

ビジネスフォンの活用で社内のコミュニケーションの強化や通信コスト削減などを実現します。
NTTのひかり電話や通信事業者が運営するIP電話を利用して、通話料と基本料金を削減し、営業所など別拠点との本格的な内線通話網をIP回線を利用して構築できます。音声系とデータ系のネットワークをIPで統合することもできるので回線帯域を有効に活用できます。

ビジネスフォンを選ぶメリット

ビジネスフォンの特徴は以下の3つになります。

①複数の電話番号を一つの電話機で受けることが可能
②一つのシステムで複数の同時通話をすることが可能
③複数の電話番号を内線で各電話機へまわすことが可能

複数の電話番号を一つの電話機で受けることが可能

一般の家庭用電話のように電話機の台数だけ電話回線を契約する必要がなく、実際に同時に使用する回線数だけ契約し、効率よく利用することができます。また、電話機の数だけ回線を契約する必要がないため、通信コストを削減出来ます。

一つのシステムで複数の同時通話をすることが可能

家庭用電話の場合、誰かが通話中だと、その電話が終わるまで他の外部からの着信は繋がりません。
しかしビジネスホンだと、誰かが通話中でも他の電話が外部からの着信に対応できますし、別の電話機に内線通話を掛けることも可能です。
これにより、大きな規模の会社でも、電話の取りこぼしを防ぐことができ、業務を円滑化させます。
更にビジネスホンは複数回線を同時に取り扱えますので、電話だけでなく、FAXや他のOA機器等にも接続が可能です。

複数の電話番号を内線で各電話機へまわすことが可能

いったん内部で受けた外線を、他の内部電話に転送することができ、更に機器導入により外部にも転送が可能になります。
これによって発話者が掛け直す必要もなく、スムーズに電話の取り次ぎが可能になり、業務を円滑化させます。
また、基本的に内線には電話料金はかからないので、外線を内線として転送することで通信コストの削減が出来ます。

コンピュータとの連携が実現するビジネスのクオリティアップ

オフィスでの拡張性がパワーアップ。ネットワーク統合により、さまざまな場面でのコミュニケーション 効率を向上させます。さらに、IP化が進む時代に合わせ、フルIP対応。コストを抑えることができます。
biz-phon

VPN接続対応

複数の拠点に設置したiF主装置をVPN(仮想専用線網:IP-VPNなど)に接続し、登録しておいた[他拠点]ボタン([A営業所]など)により便利 に利用できます。また、1台の主装置で複数の拠点を内線に収容した運用も可能です。

  • [他拠点]ボタンと内線番号で直接他拠点の内線を呼び出して相互通話ができます。
    内線一斉呼び出しや外付けのスピーカーによる呼び出しも可能です。
  • [他拠点]からの転送着信時は該当する[他拠点]ボタンが赤点灯し、どこからの転送電話か一目で分かります。LCDには、転送元の拠点番号とお客様の電話番号が表示されます。また、転送を受けたiF主装置の共通電話帳に登録されているお客様の名称を表示することもできます。
  • 転送されたお客様へ折り返し電話をかける際、着信履歴を使用すると、自動的に転送元拠点の外線から発信し、お客様がかけた時の電話番号を通知することができます。

biz-phon2

モバイルの活用でビジネスの機動性UP

スマートフォン&携帯電話連携「モバイルアシスト®」

スマートフォンや携帯電話にNYC-iFシリーズ用の内線番号を割り振り、社内でも外出先でも内線番号でスマートフォンや携帯電話(以下、モバイル端末)を呼び出せます。また、外部から事務所のNYC-iFシリーズにアクセスし、事務所経由でのお客様との発着信や通話の保留・転送、モバイル端末からの特番操作で保留応答、内線一斉呼出、ページングなどが可能です。また、自分宛の外線着信(ダイヤルイン・DIDなど)も外出時にはモバイル端末に自動転送されるため、「折り返し電話」の必要がなく、お客様とのスムーズな連絡を実現します。
◯モバイルアシストは公衆回線を利用する機能です。オフィス内でも無線アクセスポイントなどなしで使用できますが、内線電話機と異なり、利用できるシステム側の機能には制限があります。

モバイルアシストにできること

biz-phon3

お気軽にご相談ください。 TEL 052-896-5511 平日9:00〜17:45

skytimer
seminar230x100
kaiten-sushi
マイナsideバナー230x100
sumacha_230x100
CSsideバナー230x100
PAGETOP
Copyright © 株式会社OA推進センター All Rights Reserved.