平素より大変お世話になっております。

営業の岡崎です。

名古屋ではようやく蝉が鳴き始めました。

今年の8月は平年より晴れの日が多く、厳しい暑さになるそうです。

PCや精密機械にとってもつらい季節になりそうですね。

さて、今回は従来の看板とは一味違うデジタルサイネージ特集の3回目、

デジタルサイネージの主な仕組」です。

 

デジタルサイネージの主な仕組

デジタルサイネージの仕組は、大きくスタンドアローン型と

ネットワーク配信型の2種類に分けることができます。

 

①スタンドアローン型

PCやアプリで作成した動画・静止画などのデジタル化されたコンテンツを

USBメモリーやSDカードなどの記憶装置に書き込み、

ディスプレイに接続したメディアプレイヤーで再生、表示する方法です。

比較的手軽に始めることができます。

 

②ネットワーク配信型

インターネット含む情報ネットワークや無線LANなどを用いて、

一般的な動画・静止画などのデジタルコンテンツを配信する方法です。

スタンドアローン型に比べ、以下のようなデジタルサイネージのメリットを

より生かすことができます。

★運用の効率化

WEBコンテンツを利用することで、複数箇所にあるデジタルサイネージの

表示内容をインターネット経由で一括更新することができます。

顧客サービス向上

タッチ対応デジタルサイネージの使用で、施設案内やイベント情報などの

様々な情報から知りたい情報を知りたいときにユーザー自身が

選ぶことができます。

ネットワーク配信型デジタルサイネージは、管理用PCなどから

インターネットを通して放映用コンテンツをメディアプレイヤーに入れ放映するタイプです。

オンラインで複数拠点の放映管理などが簡単になります。

Webブラウザを使用しメディアプレイヤーが不要となるような

クラウド型のデジタルサイネージも増えています。

 

今回まで3回をかけてデジタルサイネージについてご紹介しました。

「デジタルサイネージ、気になってきたな…」

「自社の運用に合うのかな」

そんなご相談、お悩みがありましたら弊社までお気軽にお問い合わせください!

 

取材協力

餃子酒場 下町の空 浄心店様

https://shitamachinoku.jp/news_category/joshin/

 

関連記事

http://www.oa-center.co.jp/2020/07/20/column_20200713/